すりこぎDIARY

世の中すりばち

人気のRGBlue System02 PREMIUM COLORを買ってみました。

高演色性に惹かれてRGBlue System02 プレミアムカラーを買ってみました。

RGBlueのLEDライト、周りでも持ってる人が多く、評判も良さそうなので悩んだ末に買ってしまいました。結構悩みました。なにせお値段86,400円(税込)。それにスヌート等のアクセサリを追加すると10万円近くしちゃうわけです。
f:id:squidapache:20170204152829j:plain

このお値段でMade in China?

f:id:squidapache:20170204153021j:plain
本体は高いだけあってなかなかファンシーなケースに入っていました。使う事の無さそうなアクセサリーも色々ケースの中に入ってます。で、本体を見てみると「Designed by RGBlue in Tokyo Assembled in China」とどこかで聞き覚えのあるような表記…。「Designed by Apple...」のアレですな。なるほどそっち系の路線なのね。どうりで値引き無しな訳だわ。スヌートや集光レンズ等のアクセサリー類もMade in Chinaの様でした。
まぁ今時ニコンのレンズでさえMade in Chinaですし、クオリティに問題がある訳ではないです。造りはシッカリしてますし、デザインもなかなか良いと思います。バッテリモジュールは7.4V/6,200mAh。3,100mAhの18650が4本入っているのでしょうかね。安い中華ライトと違ってちゃんとバッテリモジュールにはオーバープレッシャーバルブも付いています。まだ水中で一回使った限りですが、色の出方もいい感じでした。割高感は否めませんが、価格を考えなければ製品自体はとても良いと思います。

f:id:squidapache:20170204160852j:plain
因みにINONのライトはMade in Japanです。

f:id:squidapache:20170204160919j:plain
集光レンズもMade in Japanです。

マクロでのスヌート撮影では光量が足りない。

普段マクロ撮影(105mm+1.4TC+クローズアップ)する際にはf22~、シャッタスピード1/250~位で撮影しています。そんなに絞らなくてもある程度被写界深度の撮れる60mmマクロだともっと開けられますし、シャッタースピードも落とせそうなので本体付属の60°集光レンズ+スヌートでも良いのかもしれません。前回使用した限りでは105mm+1.4TC+クローズアップでは本体付属の60°集光レンズ+スヌートでは全く光量が足りませんでした。と云う訳でスヌート用に集光レンズ作ってみました。
f:id:squidapache:20170204153310j:plain

レンズは探すのが面倒くさかったのでAmazonでテキトウに見つけたこれをバラして使用しました。

残念ながらレンズは樹脂製ですが、集光は期待通りでした。


f:id:squidapache:20170204153501j:plain
集光レンズが3.5cm程あるので、スヌートと付けるとこんな感じです。


f:id:squidapache:20170204215842j:plain
付属の60°集光レンズと地上で比較したところです。ISO64、f16、1/250での撮影です。なぜかISOが64と普段使わない設定になってました。あくまで比較と云う事で。
因みにこの集光レンズを付けるとスポットライトの様になるのですが、ある程度の距離でCOBの表面を拡大したような感じで色ムラが出ます。なので超短距離でライティングするマクロでの撮影にしか使えなさそうです。


取り敢えずは水中で使ってみなければ分からない。

集光レンズを作ってはみたものの、実際に水中で使ってみないと使い物になるかどうか分かりません。来週末試してみたいと思います。同じ被写体で最近お気に入りのINONのLF800-Nとの比較もしてみたいと思います。
追記:集光レンズ付けても105mm+1.4TC+クローズアップではスヌートで使うにはやはり暗すぎました…。


そうこう言っている間にマクロ用のSystem03が出るらしい。

System02 プレミアムカラーを買ったばかりなのに、どうやらRGBlueからマクロ用のSystem03ツインライトというのが出るらしです。
写真を見る限りなかなか良さそうです。そちらも気になる…。

INON(イノン) LF800-N LEDライト

INON(イノン) LF800-N LEDライト