すりこぎDIARY

世の中すりばち

Original Skateboards Super6 Track


去年の11月末に引越しやっと落ち着いてきた今日この頃。今の家の周りが割とフラットな事に気付きました。近くのコンビニに行くのにも歩くのもダルいし、かといってバイク出すのも面倒という訳で、近場の交通手段に学生の時通学に使っていたスケートボードを引っぱり出してきました。デッキはSector9のCosmic RiderというデッキにIndipendentの215(180mm)トラック、Kryptonicsの70mmウィールというセットアップ。特に考えてセットアップした訳ではなく、店にあった一番短いデッキに一番幅の広いトラックと一番デカそうなウィールを付けただけ。結果タイトなターンが苦手なスケートボードが出来上がってしまいました。たしか買ったときは全部で$150ぐらいして、たっけーなぁと思った記憶があります。もう10年以上前の話だからもとは取れたかな?

で、出してきたついでにトラックを新調。今回選んだのはOriginal Skateboardsというメーカーの出しているロングボード用のトラック、Super6(150mm)です。
f:id:squidapache:20100117132359j:image


Independentのトラックと比較すると造りが大分違うのが分かります。良くあるトラックの様にウレタンのブッシュは無く、代わりにスプリングが付いています。Super6、見た目からしてスパッときれそうです。付属のネジは良くスケートボードで使われているインチネジではなく、メトリック(M6)でした。
f:id:squidapache:20100117140541j:image
f:id:squidapache:20100117140610j:image


Cosmic Riderに取り付けたところ。Independentの取り付けで使っていたAngled Padは使えず、Super6に付いてきたRiser Padで取り付け。
f:id:squidapache:20100121181501j:image
f:id:squidapache:20100119205040j:image
f:id:squidapache:20100121181531j:image


で乗った感想ですが、最近のロングボード/カービング用のトラック(reverse king-pinのやつ)を持ってないので比較出来ませんが、いままでIndependentと比べると恐ろしく切れます。かと言ってフニャフニャって訳でも無く、スプリングのプリロードも六角で簡単に調整出来とても乗りやすいです。かなり楽しい。


外したIndipendent用にはBonesのsoftブッシュを新しく用意しました。こっちのトラックはノーブランドの安いデッキにでも付ける予定です。
f:id:squidapache:20100120224447j:image