すりこぎDIARY

世の中すりばち

ダイビングマスク: ダイブウエイズ ダイブワイド2/ Sporasub Mystic

もうサンタさんからクリスマスプレゼントもらえる歳でも無いので自分でプレゼント買いました。今持っているマスクに不満は無いのですが、気分転換に新しいダイビングマスクを購入。選んだのはダイブウエイズのダイブワイド2です。購入前にググってみたんですがこのマスクについては須賀さんがブログに書かれている以外見つからず、あまり情報が無い様です。

 

f:id:squidapache:20121231144546j:plain
ダイブワイド2はいわゆる一眼マスクです。

 

f:id:squidapache:20121230234141j:plain
横から見たところ。割とごついフレームで見た目通りの重量があります。

f:id:squidapache:20121230234353j:plain

f:id:squidapache:20121230235151j:plain
比較対象に普段使っているScubaProのSoloを並べてみました。Soloはフレームレスデザインの一眼マスクです。ダイブワイドの上部のスカートはSoloと比べても短く、お陰で上方向の視界はSoloよりも良いです。

 

f:id:squidapache:20121230234431j:plain

f:id:squidapache:20121230235446j:plain
下部のスカートは鼻を収めるためそれなりに長くなってる為下方向の視界はSoloより狭くなっています。

 

f:id:squidapache:20121230234937j:plain
全体の幅はSoloと同じぐらい。パッと見全体的にダイブワイドのスカートの丈が長そうなので左右の視界はもっと狭いのかと思いましたが、実際の所はSoloと大差ありませんでした。実際に海で使用してみても視界良好でなかなか良いです。この手の一眼マスクは鼻の部分が視界に入らないので実際よりも視界が広くなったように感じます。潜水中は基本水平姿勢なので上方向の視界が広いのも有難いです。ただし、下方向の視界はダイブワイド装着時では胸のDリングが見えるか見えないかぐらい。Soloの場合胸のDリングがちゃんと確認出来ます。胸のDリングへのボルトスナップの脱着を見ながら行うこともあまりないので問題では無いです。シリコン製のスカートは柔らかく顔へのフィットも良好。ストラップは緩めに締めるのが好みですが、水が入ってくることはありませんでした。
一つ残念なのはSoloは専用ケースが付属してきましたが、ダイブワイドにケースは付属していませんでした。


f:id:squidapache:20121231151238j:plain
ついでにプールで素潜りの練習の時に使っているマスクを紹介。Sporasub Mysticというマスクです。

 

f:id:squidapache:20121231095752j:plain
全体的に非常に小ぶりなマスクです。

 

f:id:squidapache:20121231095401j:plain
soloと比べるとこれほど大きさが違います。

 

f:id:squidapache:20121231094908j:plain
レンズから目までの距離が非常に短く、内部容積が小さいため素潜りには最適。レンズが近いおかげで見た目に反して視界は良好。ただレンズが近すぎてちょっと前から押すとまぶたに当たってしまう程です。メーカー公表値で内部容量は130cc。これで130ccだと、アポロ bio-metalの60ccって一体どうなってるんでしょうか。

 

f:id:squidapache:20121231095909j:plain
この写真からもレンズの近さが分かります。残念ながらこのマスク、私の顔には上手くフィットしてくれずちょっときつめにストラップを締めないと頬の下の辺りから水が入って来てしまいます。まぁそれでも気にせずに使ってますが。

 

 

エビ・カニガイドブック―伊豆諸島・八丈島の海から

エビ・カニガイドブック―伊豆諸島・八丈島の海から