すりこぎDIARY

世の中すりばち

PCV Valve


PCV Valveを取り付けました。色々な方のblogでも紹介されていて興味をもったのですが、さすがにNAG製の物はお値段がお値段なので今回KTM純正パーツにしました。


Back pressure valve(60030090300)という物です。お値段は3,000円。NAG製の内圧コントロールバルブの様にピストン式ではなく、プラスチック製のボールが入っているだけの単純な造りです。
f:id:squidapache:20081022223247j:image


今回クランクケース側とシリンダーヘッド側にそれぞれ1個づつ取り付けました。もっとエンジン側に近いところに取り付けた方が良かったのかもしれませんが、取り敢えず簡単に付けられる所に取り付けました。
f:id:squidapache:20081023205856j:image


クランクケース側です。
f:id:squidapache:20081023205411j:image


こちらがシリンダーヘッド側。
f:id:squidapache:20081023205546j:image


取り付け後、軽く試乗してみました。あいにくの雨でしたので近くを2,3キロ走った程度なので評価が難しいですが、一番の効果として上げられるのが3000回転以下での走行でした。3000回転以下で半クラ使わなくても割と走れるようになりました。以前よりも明らかに低速で走るのが楽です。低速でのパーシャル走行時のギクシャクした感じも改善されています。通勤用バイクなのでこれはありがたいです。エンブレに関しては確かに緩くなってます。あまりエンブレが効かなくなっても嬉しくないのでいい感じです。

        • -

追記: クランク側は吹き出したオイルが戻ってくる様になっている様で、オイル詰まりには気をつけた方が良いかもです。オイルキャッチタンクを新設すれば問題無いと思います。

        • -

: